ひゅうまん京都
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル  
メッセージ
参照先
イメージ [アイコン参照]
削除キー (記事の削除時に使用)
文字色
クッキーを保存





洛西ふれあい会館宿泊施設存続を
投稿者:松本 - 2013/02/15(Fri) 15:53 No.2769 [返信]  
 洛西ふれあいの里保養研修センター「ふれあい会館」の宿泊施設が廃止されようとしています。
 近日中にパブリックコメントを実施して結論を出すとのことですが、京都肢体障害者友愛会は下記のような要望書を2月12日に担当課の長寿福祉課に提出しました。
 関係者のみなさんからも声を上げてください。

                 2013年2月12日
京都市長 門川 大作 様
                 京都肢体障害者友愛会
                   会長 松本美津男

洛西ふれあいの里保養研修センター宿泊施設存続要望書

 京都肢体障害者友愛会はこれまで、ほぼ年に1回洛西ふれあいの里保養研修センター「ふれあい会館」(以下ふれあい会館と略す)の宿泊施設を利用してきました。
 なぜなら、当会には重度の障害者が多く、車いすで帰宅時間を気にすることなく、ゆっくり交流を深めるための宿泊施設が京都市内で他には無いからです。
 また、当会会員には生活保護受給者や低所得者が多いこと、そして重度障害者の介助者が一緒に宿泊しなければならないことがあり、宿泊費はできるだけ安く済まさねばならないからです。
 このようなことから、地理的にやや不便という問題があるにしても、ふれあい会館の宿泊施設は当会にとってはきわめて重要な施設です。
 ところが、洛西ふれあいの里保養研修センターあり方検討委員会では宿泊施設を廃止する方向の提言(案)が出されました。検討委員会に障害者関係者が入っていないので、障害者の実情が理解されていないのではないでしょうか。
 民間宿泊施設でバリアフリーが進んでいると言われても、障害者向けの宿泊ルームは一部屋だけです。重度障害者が車いすで複数、あるいは男女別に宿泊できる設備を持つところははまずありません。一流ホテルならゆったりした部屋はいくらでもあるかもしれませんが、当会の会員で一流ホテルに泊まれるほどの高収入の会員はいません。安いホテルはバリアだらけです。
 稼働率と市内利用者割合が少ない問題については、研修実施方法や施設運営、宣伝などのさらなる工夫によって改善できる余地があると思います。
 市外利用者に市税を使うことの問題も観光客を増やすための投資と考えれば良いのではないでしょうか。また、支援学校の修学旅行生利用については重度障害者が団体で泊まれるところがあるということで、京都市の評価が上がり、障害者の家族旅行などを促すことにもなると考えられます。
 高齢者以外の利用が増えて条例の設置目的と利用実態が乖離してきているというのであれば、設置目的を高齢者・障害者の保養・社会参加というように変えれば良いのです。是非、市民目線、利用者目線で考えてください。
 市内共同作業所も宿泊訓練に使っており、ふれあい会館の宿泊施設が無くなって困るのは当会だけではありません。
 神戸市の「しあわせの村」の宿泊施設には車イス対応洋室が8室(ツイン:最大2名)もあります。
 2ヵ所ある東京都の障害者スポーツセンターには車いすで泊まれる洋室・和洋室が2ヵ所合計で8室あり宿泊費は1500円です。
 より便利なところに同規模以上の宿泊施設を作ってもらえるのならまだしも、代替え施設がないまま宿泊施設を廃止するのは絶対にやめて下さい。
検討委員会は「はばたけ未来へ!京プラン」実施計画を受けて設置されましたが、ふれあい会館宿泊施設廃止では、障害者の未来へはばたく足がかりを減らしてしまいます。
 ふれあい会館の宿泊施設の存続を強く要望いたします。








管理の強化とお願い・・・
投稿者:一休 毒舌 3D - 2012/10/11(Thu) 15:48 No.2767 [返信]  
 このマラソンスピーチは確か1980年の国際障害者年を記念して創設されたと思いますが、その発端は京都駅での朝、通勤前や、他の地での夕刻に代わる代わるの関係者らのハンドマイクを片手にリレースピーチで始まったと記憶してますが、日本の危機管理体制の大きな問題や政治家への不満や官僚への不信、又、昨今の自然の驚異、そして、国民生活への政府のしわ寄せ、福祉全般への不信、障害者自立支援法が国家機関の司法での和解がされたにもかかわらず、最高機関の国会で約束が多くの議員の賛同で簡単に破られるこんなあさはかで、お尻の軽い議員達の今の日本体制に呆れます。
 呆れると言えば、このページへの明らかに変な書き込み!
 管理もしっかりして欲しいけど、書き込む方も方、政治の乱れが国の乱れであり、国民のマナーの乱れであると思う。








生活保護問題での障全協の声明
投稿者:松本 - 2012/06/13(Wed) 11:14 No.2754 [返信]  
 増加する生活保護受給者を抑制する動きが、芸能人の家族に受給者がいたことを材料に、マスコミも含めてさらに強まっています。
 このような中で、大阪では生活保護を受給している軽度の精神障害者や知的障害者が受給要件を満たしているのに受給辞退を申し出たというようなことが伝わってきました。
 このような事態を見過ごすわけには行きません。
 少し長いですが、障全協の緊急声明を紹介します。

生活保護制度に関する異常報道に抗議し、冷静な議論を求める緊急声明
2012年6月12日
障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会(障全協)

 国会での生活保護問題の質疑を発端に、一部マスコミで異常というべき報道がされている。
 これを受けて、小宮山厚労大臣は、「親族側に扶養の困難な理由を証明する義務を課す」等の発言を行い、6月4日に公表した「生活支援戦略」骨格において、「生活保護制度の基準額の引き下げ、現物給付化、扶養義務強化の検討をすすめる」と言明した。
 私たち障全協は、結成以来、45年にわたり「権利」としての施策の拡充を訴え続けてきた。
 この点から見て、今回の「生活保護問題」に対する国会・政府の対応は、社会保障全体を引き下げるために、異常報道を利用していると言わざるを得ない。こうした権利保障とは相いれない方向での施策の誘導に強く抗議し、冷静な議論を求め、以下の問題点を指摘する。

第一に、今回の異常報道は、そもそも「生活保護法上、扶養義務者の扶養は、保護利用の要件とはされていない」にもかかわらず、いかにも保護受給者に「不正受給」が多いかのごとく偏った内容で伝えられていることは大きな問題である。
 さらに、今回の問題を契機に、生活保護の「指導等の強化」を徹底し、「扶養可能な者には適切に扶養義務を果たしてもらうための仕組みの検討」等を、厚労省がいち早くすすめようとしていることは、生活保護の実態を無視した国の暴挙と言わざるを得ない。

第二に、政府は、年間3兆円を超した保護費をいかに抑制するかを検討課題としているが、そもそも、雇用崩壊や高齢化が進展する中で、雇用保険や年金等の社会保障制度の水準があまりにも低いことに最大の問題がある。こうした事態を放置したままで、生活保護の抑制を行えば、さらに、社会的貧困が加速されることは火を見るより明らかである。
 また、保護受給者の自殺率が一般の2倍あり、さらに、20代のみでは6倍あるという実態(「生活保護受給者の自殺者数」2011年7月12日社会保障審議会生活保護基準部会参考資料より)は、まさに、受給者、とくに若年層の「生きづらさ」を物語っている。
 さらに、東日本大震災においては、保護受給世帯が今年4月までに1,200世帯を超え、申請1、757件、うち受給が1,222件(受給内訳:高齢228、障害264、母子134、その他596)であったことを踏まえれば、復興対策の一環としての生活保護支給拡大が求められている。

第三に、一方、保護受給者の割合を見ると、高齢者42%(63万527世帯)に続いて、傷病・障害者世帯が33%(48万6,729世帯)、母子世帯7.5%(11万2,011世帯)となっており(2011年度厚労省調べ)、受給者の3分の1が、患者や障害者である。このことは、多くの障害者が「健康で文化的な最低限度の生活」を得るためには、生活保護を利用せざるを得ないことを示している。仮に、保護費の引き下げや扶養義務の強化がなされれば、障害者、家族の生活がより貧困になる事態が起こりかねない。これまで、障害者分野では絶えず、この扶養問題が議論されてきたが、日本の「家族介護依存型福祉」の実態は何ら改善されておらず、今回のことで、より家族依存が深刻化するようなことは、絶対にあってはならない。

最後に、今回の問題で、社会保障や福祉制度の公的責任を後退せるために「扶養義務」「親・子の道徳観」等を振りかざし、「権利としての社会保障制度」の抑制を図り、本来、国が果たすべき役割を個人や家族の責任に押し付けることは決して許されるものではない。
 各報道機関をはじめ国会、政府においては、上記の指摘を踏まえ、国際的施策動向に立ち遅れることなく、「権利としての社会保障」のあり方について、真摯な議論と緊急の対策改善をすすめるよう、強く要望するものである。

 








京都水族館へ
投稿者:一休 毒舌 3D - 2012/05/16(Wed) 23:34 No.2753 [返信]  
 20年近い恒例化となった滋賀県の肢体障害者の会 「みずのわ」との春の交流会が今年も5月13日日曜日の好天の中で行われました。 今年は京都の番で新しく出来た水族館にとみずのわの要望もあり、車椅子10台近くと、総勢20名を越える人数で開催しました。
 当日は日曜日とあってかなりの混雑をしていました。車椅子は我々だけではなく、他にかなりの台数が見られました。
 今回の開催にあたり、アンケート調査を参加者に取る事とし、その結果が出ましたが、いくつか気になる問題点が現れて来ました。
 先ずは良い点に関してですが、障害者トイレに関しては機能的には言う事はないようです。 但し、あれだけの人出の中で障害者トイレとは言うものの一般の人も使われます。
 ホールに一つ、会場内に二つはちょっと少ないような気がします。 次に改良すべき点ですが、その前に私は妄想をしてしまいました。
 昨今、先日もホテル火災が、二件続きました。
遠き生命が7名も失われましたが、たくさんの人達が集まる場所での安全対策が震災以後も叫ばれています。
 私は当日は何かあった時に備えて直ぐに動ける様に外での待機を3時間ほどしていました。
 もし、ここで災害ないし、人災が起きれば満員の中で、3階のイルカショーのところまで先ずは狭い通路、薄暗さ、当然エレベーターは使えない。狭い出口のゲート、もうそこで我々障害の有る者、特に車椅子使用者は残念ですがご臨終です。一般の人もかなりの人達が大きな被害を受けるでしょう。万が一表に逃げる事が出来たとしても、大勢でごった返す中で、表の通路の両側の溝に足を取られて将棋倒しに・・・私は皆を待ってる3時間の間そんな妄想をし、恐怖を味わっていました。 火、大量の水、地震に関して・・・
 これは言う必要がないと思いますが、完全な儲け主義だと、それと、「障害者は来るな」って言ってるそんな感じを受けます。 通路は狭く、点字の説明板はないし、生物の名前のパネルはないし、最後の出口は狭いし、玄関通路の両側の溝の柵はないし、上に上げた6点くらいは京都市の要請で改善を願いたいものです。  以上








自分の中で降って沸いた年金問題2
投稿者:一休 毒舌 3D - 2012/04/28(Sat) 12:40 No.2752 [返信]  
 この先、年金問題はどうなるんか? あと5年65歳になれば私にとっては経済生活自体が大きく変わってしまいます。
 勿論、65歳まで生きられたらの話しやけど、先日65歳になってからの厚生年金と障害者基礎年金の統合の知らせが来ました。それに答えて区役所に行ったら「65歳から生活保護は切れますよ!」って、回答が帰ってきましたが、まあ!それには現在の収入よりも増えるからですが、そんな話しを聞きながら心の中で不安が過ぎりました。
 友人に相談していたら、「増える、ええなー」と帰ってきましたが、先日の機械金属厚生年金の話と今回の障害者基礎年金が厚生老齢年金に変わることは一応私自身が、30年近く企業での仕事をさせてもらったものですし、「障害と出来ない」との思いばかりで、確信としての幸福感はいまだ感じませんし、障害者運動の中で育てられたとの思いの方が強烈に記憶に書かれています。
 そして、今後の年金問題のいくえは・・・現在の政権政党による政治不安、経済不安、社会不安、生活不安、そして、年金体制がどう変わってしまうのか見通しが立たない現在の寄せ集め政党、民主党の政界運営、ようわ「嘘つき政党、弱いものいじめ政党、過去の自民党よりも癖悪い。」どうすんえん・・・








年金問題
投稿者:一休 毒舌 3D - 2012/03/27(Tue) 01:28 No.2746 [返信]  
 今問題の年金だけど、私、59歳越えたし、年金の時給資格になったんやね! 「機械金属厚生年金」全然頭においてませんでした。 たぶん、1回目の通知は無視したと思う。 現在、生保やし、無理やと思ってたし、役所に行って、「これ断る訳には行きませんが?」まあ! 収入上は何も変わらんけど、役所で聞いたら、「もらえるものはもらっとき!」保護課もそう言った方向です。
 30年越える前に、私が一企業で仕事をしだして幾年かたった時、会社が年金組織に加盟し、給料から天引きするとの通知があったなあ〜 これが、一企業で働いた私の証だと思って頂く方向で手続きするか、「面倒やけど、・・」実際、収入が増えるものでないけど・・・今の企業年金問題、自分達がかけたお金を勝手に他人に使われたらと思うと、お金もともかく、腹立つなあ・・・・・最近、年金組合の春のつどいに参加したけど、自分に障害があろうが、なかろうが、そんな年になったんやんやなァ〜・・・実感・・ 








食事・トイレ・外出・手話通訳生きるために・・
投稿者:一休 毒舌 3D - 2012/03/02(Fri) 15:07 No.2745 [返信]  

 「みんなの手で作ろう!
  総合福祉法!全関西集会」
 自立支援法完全撤廃、骨格提言完全実施をと、二月二十九日(水)平日にもかかわらず障害者・家族・関係者等が千三百人が京都テルサに集まにりました。
関西各地からの訴えと共に「総合福祉法と骨格提言」と題し、日本障害ホォーラムより講師に藤井克徳さんにお話を聞かせてもらいました。
 今、政府民主党と厚生労働省は昨年度、裁判で全国的に和解をしましたが、双方が交わした和解の文章を無視し、名前だけを変えるだけの内容で、実施しょうとしています。
 それに抗議する形で開かれた今回の集会、主催者の製作した資料、九千部をはるかに超えての参加でした。
集会後、京都テルサから西本願寺までのデモ行進に六百名で開催されました。
 私、友愛会、四〇年近くやってますが、京都で、思想・障害を越えてのこのような取り組みは初めての経験ではないかと、それだけ今回の政府民主党や厚生労働省の裏切り行為・そして、裁判所での和解を壊そうとのやり方は司法・立法・行政の原則をゆがめるものだと思います。
 又、大きな期待をかけて誕生した民主党への障害者・家族・関係様の大きな怒りとなっています。
民主党の政策は誰が得しとんのや! 庶民をなかして、昔の悪代官か・・・・



記事No 削除キー
- Honey Board -